おすすめの鼻水吸引器の使い方とは

乳幼児の鼻の中には十分に鼻毛が生えていないため、ほこりや細菌の侵入を防ぐために鼻の粘膜が敏感になっています。その為、少しの刺激でも鼻水が出やすく、細菌を洗い流そうという自己防衛が働きます。しかし、赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、鼻づまりを起こすことが頻繁にあります。また、乳幼児の耳管は成人と比較し太くて短いため、鼻水が耳へ侵入しやすい構造をしており、中耳炎を起こす可能性が高い状態です。そのため、早い段階で鼻水を取り除いてあげることが必要となります。綿棒で取り除く方法もありますが、何度も繰り返すことで鼻の粘膜を傷つける可能性もあり、奥の鼻水を取ることは危険です。親が口で吸い出す方法もありますが、ウイルスや細菌を一緒に吸い込んでしまうので、衛生面ではよくないとされています。

鼻水吸引器の種類とおすすめの使い方

重度の鼻づまりの場合は耳鼻科で鼻水の吸引を行ってもらうのが安心ですが、なるべく早くに対処できるように家庭用にも鼻水吸引器があり、タイプも様々です。最も簡易的なものでは、スポイトタイプがあり手動で鼻水を吸い取ることができます。手前に出てきているものや、少量のものなら吸い取ることができます。しかし、スポイト状であるがために吸引力が限られているため、もっと多くの鼻水を吸引したい場合にはストロータイプがおすすめです。一方を鼻にあててもう一方から口で吸い出すものですが、吸い込みによって吸引力を調整できますし、鼻水を溜めておく場所もあるので一度で大量の鼻水を吸い込むことができます。しかし、強く吸いすぎると耳に負担をかけてしまう場合がありますので、数秒で休憩を挟みながら行う必要があります。

効果的に鼻水吸引器を使うための方法

吸引器を効果的に使うためには鼻水を吸い出しやすい状態にしておくことがおすすめです。手前の鼻水はできるだけ綿棒などで取り除いたり、お風呂の後などの鼻が湿っている状態での吸引がおすすめです。また、寝る前や授乳の前に鼻水を吸い出しておくことで睡眠や食事がスムーズに行えます。寝ている間も鼻水が溜まりやすいため、寝起きに吸い出してあげるとすっきりします。鼻づまりを頻繁に起こしていたり、鼻炎などで鼻が敏感になっている場合には家庭用の電動鼻水吸引器も販売されています。子どもへのストレスが最小限で鼻水を吸い出すことができ、吸引力の調整もできるので安心です。夜間も使えるように静かなものも販売されているので、鼻づまりで夜中に起きてしまう場合などにはおすすめです。

病院に行くのは大変!そんなお悩みのあるママさんのための自宅で使える電動鼻水吸引器です。 安心・安全の鼻水吸引器ならメルシーポットがおすすめです。 もっと早く買えばよかったとの声をよくいただきます。 メルシーポットなら自宅で簡単に鼻水吸引ができます。 楽天では送料無料、ポイント5倍となっております。 多くのママタレントさんからもお喜びの声をいただきます。 おすすめの鼻水吸引器はこちら