どこで鼻水吸引器は売っているのか

鼻水吸引器は乳幼児から幼児までの間、自分で鼻をかめない小さな子供の鼻水を吸引するために使用する器具です。主に粘り気の少ない水性の鼻水を吸引することに適していて、上手に鼻をかめない子供を持つ親御さんには大変助かる便利な器具です。しかし使い方を誤ると繊細な乳幼児や幼児の鼻腔内、つまり鼻の中の粘膜などを傷つける恐れもあるため、使用には細心の注意を払うことも忘れてはなりません。また、子供によっては鼻に異物を入れられることを極端に嫌う子供もおり、そういった子供に対してはそもそも吸引器を使用することが困難です。ですから、まずは親御さんが自分の子供に対して吸引器を使用できるかどうかを、まずはティッシュペーパーなどを子供の鼻の中に入れ、試してみるのもひとつの方法かもしれません。

鼻水吸引器にはどんなタイプのものがあるのか

一口に鼻水吸引器といっても、その種類や値段は様々です。まず種類は大きく分けて3つのものがあります。1つは「スポイトタイプ」と呼ばれるもので、これは小学校の理科の実験などで使っていたスポイトを連想してもらえれば分かりやすいかと思います。このメリットは安くてコンパクトなこと、デメリットは一度に吸える鼻水の量が少ないことと、稀に吸った鼻水が逆流してしまうことです。2つ目は「親御さんが口で吸うタイプ」のもので、メリットはこれも安価であることで、デメリットは吸った鼻水が親御さんの口に入る場合があることです。最後はあまり目にする機会はありませんが、「電動タイプ」のものです。読んで字のごとく電動タイプで、メリットはれっきとした医療機器であることと電動であるがための使いやすさです。逆にデメリットは値段が高くなることです。吸引器は普段から使うものではなく、どちらかと言えば月に一度使うか使わないかといった程度のものですので、メリットデメリットをよく吟味したうえで選んでみるべきです。

鼻水吸引器はどこに売っているのか

それでは肝心の吸引器はどこで買うことができるのか、という点についてです。一番身近なところではドラッグストアの赤ちゃんコーナーに置いてあるところもあります。しかし使用頻度などを考えても、どこにでも置いてあるとは限りません。また、家電量販店にも一部置いてあるところもありましたが、これは逆に稀な例でしょう。一番確実に入手する方法は、今の時代はやはりインターネットです。商品の性質上、中古は絶対におやめください。オークションなどの個人売買でも、相手と直接顔を合わせてやりとりしない以上、新品との謳い文句があっても避けるのが賢明です。可能であるなら、きちんとした実店舗のある家電量販店やドラッグストアのサイトから購入するか、大手通販サイトから購入するのが確実です。