どんな種類の鼻水吸引器があるのか

鼻水というと風邪をひいたときや花粉症にかかったときのことを思い浮かべますが、最も鼻水の処理に困っているのが0歳から4歳くらいまでの乳幼児です。自分では鼻をかむこともできないので親が吸い出してあげないと、息が詰まってしまったり病気になる原因にもなってしまいます。いつも一緒にいる母親が気付いて吸い出そうとして最初に頭に浮かぶのが身近にあるストローで吸い出すことだと考えられますが、なかなか身近には赤ちゃんの鼻に入れるほどの細くて柔らかいストローは見つからないものです。こんな時に役に立つのが鼻水吸引器です。吸引器にも何種類かあるので使う場所によっても購入するタイプを選ぶ必要があります。デリケートな赤ちゃんの鼻の中に入れることを考えた商品も多く出回っています。

鼻水吸引器にはどんな種類が適しているのか

吸引器を購入するときにはメンテナンスが簡単であることが大切な要素となってきます。電動式は吸引力もあってメンテナンスが簡単なことから人気のある商品となっています。この電動式にも携帯型と据え置き型があります。鼻水はいつどこで起きるか分からないので携帯型を持ち歩いていれば安心することはできます。家でも頻繁に鼻詰まりが起きるようであれば、吸引力が強くて短時間で処理できる据え置き型の方が適しています。どちらのタイプでもそれぞれにメリットがありますので両方とも買い求めるとなると出費も大きくなってしまいます。携帯型は5000円くらいで購入することができますが、据え置き型になると耳鼻科医院で使っているものと同じものなので15000円くらいから25000円くらいの出費は覚悟しなくてはなりません。

鼻水吸引器を選ぶ時のポイントは何か

一つ目は期待するほどの吸引力があるのかということです。携帯式では乾電池を使用しているため据え置き型に比べて吸引力は弱いのは仕方がないことです。メリットは外出先でも使用することができて簡単に掃除できることです。据え置き型は吸引力が強くて短時間で鼻水を吸引できますが持ち歩くことには無理があります。どちらも掃除が簡単にできるので面倒に感じることは少ないですが、赤ちゃんの鼻水どの程度で発生するかによっても選ぶタイプが異なってきます。頻繁に鼻水を詰まらせている赤ちゃんには家では据え置き型を使用して、外出時には携帯型を持って出かけるようにする方が安心できます。両方を購入しなければならない状況であれば携帯型を先に購入しておいてから様子を見ながら据え置き型を購入することをお勧めします。鼻水の処理がうまくいかないときには近くにある耳鼻科で一度だけでも鼻水の吸引をしてもらってください。その時に家で使っている鼻水吸引器のことを話してみると適切な吸引器の使い方や手入れの仕方などについてアドバイスをしてもらうことができます。